「値下がり」と「逆日歩」に対応した株主優待タダ取りする投資法(売買手数料を除く)
  
日経マネー
「市場のカラクリを見抜く」P.22、23 
 
ダイヤモンドZAI
「ザイスポ!今月の濡れ手で粟 たった一日で平均1.7%のリターン」 P.8 

日経マネー、ZAIより取材を受けた
現役トレーダーが無料公開します!

株主優待タダ取り投資法(売買手数料を除く)


昨年より試行錯誤しながら、実験してきましたが、
株主優待タダ取りする投資法(売買手数料を除く)に成功しました。


やり方は今までになかった全く新しい投資法です。
その方法を無料で公開したいと思います。


ただし、無料といえども今までにない情報ですので、
くれぐれも引用、複製、転売、転用、転載をしないようにお願い致します。

先日、タダ取りしたコナミの株主優待を使って
無料でコナミのスポーツジムに行ってきました。


行ってきたのは普通のスポーツジムではありません。
東京の青山にあるグランサイズという名の「最高級」のスポーツジムです。


青山という超一等地にありながら、広々とした間取りに
最新のマシンがならんでいました。


ワークアウトの後はシャワーだけでなく、
サウナや広々としたお風呂などでゆっくりと疲れをとれます。
もちろん、タオルも完備です。



実は、この青山のスポーツジムのゲスト利用料金は一回は6300円です。
コナミの株主優待で2名×2回の利用ができるので、
「2万5200円」の価値があると言えます。




このような通常では体験できない楽しみが株主優待にあります。


優待タダ取り投資法をお教えする前に
絶対に知っておくべき失敗事例について
説明したいと思います。


株主優待を狙って一般的に失敗するのが値下がりリスクです。


一般的に、株主優待の権利を獲得した次の日(権利落ち日)に
株価は値下がりします。




なぜなら、株主優待や配当金だけに興味のある投資家は
権利さえ獲得すれば株式を売ってしまうからです。


株価が値下がりしてしまうと、
たとえ株主優待や配当をもらっても
通算で「マイナス」になってしまうことがあります。


これが株主優待につきまとう「値下がりリスク」の恐ろしさです。


そこで、値下がりリスクを回避するために、
「株式を現物買いすると同時に信用売りをする」という裏ワザが考えられました。


(なお、わたくどもが考案した投資法は別の方法ですので、ご安心ください。)


やり方は簡単です。
1) 事前に優待株を現物買いすると同時に、
  信用取引の売りをして同じ値段で売買します。

2) 株主優待の権利をもらった後に、
その買い売りを現渡しで同時に決済します。


買いと売りを同時に行い、同時に解消するので、
株価の値下がりリスクは回避できますし、
売買手数料を支払うだけで株主優待がもらえます。




実は、この裏ワザには、落とし穴があります。
それが「逆日歩リスク」です





裏ワザが横行し、信用売りが一方的に増えると、
この貸し株が不足する場合があります。


そんなときは、入札によって不足した株式を
借り上げる仕組みになっています。

こうして、信用売りをした人は
「逆日歩」という名の借り上げ料を支払う羽目になります。


しかも、入札の結果次第では、
逆日歩がとんでもない高値になることもあります。


たとえば、2008年3月の場合、
全日空には1株12円の逆日歩がつきました。
優待券を取るのに1000株必要なので、逆日歩1万2000円を支払う必要がありました。


それに対して得られた優待券は換金すると5,000円程度で、
「通算7,000円のマイナス」となってしまいます。


このように逆日歩が優待より高くついたしまう場合もあるため、
「信用売りを利用した」裏ワザには「逆日歩」という大いなるリスクが潜んでいたのです。


以上が「値下がりリスク」と「逆日歩」という二大リスクです。

しかし、今回、この2つを克服した投資法をついに見つけました。



下記フォームにメールアドレスをご記入頂ければ、
この投資法の中身を30秒後にお届致します。



下記フォームに、メールアドレスとお名前を入れて登録すれば、
ほんの約30秒後に、あなたのメールに
「株主優待タダ取り投資法(売買手数料を除く)」の中身が届きます。


メールアドレス: 
氏 名: 
 

※もし、1分以上たってもメールが届かない場合、
入力したアドレスをお間違いかも知れません。
その場合あらためてご入力下さいませ。
携帯アドレスには正常に届かない可能性がありますので
PC用アドレスをご用意下さい。



ご挨拶がおくれました。
株主優待の投資法を研究している
株式会社トレードモンスターの林と申します。


株主優待に限らず、FX、日経225先物などの投資法を
科学的アプローチで開発し、評価しています。


これまで、データを徹底的に集め、
そして数値で裏打ちされた分析にこだわり続けてきました。

その結果、日経マネーやZAIなどの雑誌から取材を受けています。


  
日経マネー
「市場のカラクリを見抜く」P.22、23 
→内容はこちら


 
ダイヤモンドZAI
「ザイスポ!今月の濡れ手で粟 たった一日で平均1.7%のリターン」 P.8 
→内容はこちら


このとき、雑誌では「投資手法の分析・評価を手がけるトレードモンスターの林」として紹介され、
1日平均1.7%稼いだ株式投資法に関して記事が掲載されています。


今回は多くの方に
科学的なアプローチの投資法の面白さを知っていただくために
株主優待タダ取り投資法を「無料」にてお教えしたいと思います。



もし、興味があるのでしたら、余裕をもった準備が大切です。
お早目にメールを登録いただくことをお勧めします。



下記フォームに、メールアドレスとお名前を入れて登録すれば、
ほんの約30秒後に、あなたのメールに
「株主優待タダ取り投資法(売買手数料を除く)」の中身が届きます。


メールアドレス: 
氏 名: 
 

※もし、1分以上たってもメールが届かない場合、
入力したアドレスをお間違いかも知れません。
その場合あらためてご入力下さいませ。
携帯アドレスには正常に届かない可能性がありますので
PC用アドレスをご用意下さい。




■■ 初心者向け解説書のご案内 ■■
株主優待タダ取り投資法(売買手数料は除く)の中身はメールにて明らかになります。

ただ、もう少し詳しく知りたい方や初心者の方もいらっしゃると思いますので、
具体的な取引画面をもとにした解説書を1000円でご紹介させていただきます。

<目次>
第1章 投資コンセプト
第2章 優待銘柄と投資時期を確認する
第3章 「権利取り日」以前の手順
第4章 「権利落ち日」以後の手順
第5章 終わりに


ダウンロード版 37ページ
形式 ダウンロード版(PDFファイル)
価格 20,000円(税込) 







       SSL暗号通信により安全に通信致しますので、安心して購入して頂くことができます。

       
       
       

       ※クレジットカード、銀行振り込み、コンビニ決済、BitCashにてお支払いできます。
       ※銀行振込、コンビニ決済の場合は振込・支払い確認後のダウンロードとなります。


       【投資に係るリスクおよび手数料について】
       当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
       株式をはじめとする金融商品には価格変動リスクを伴い、
       また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、
       場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。
       株式をはじめとする金融商品には取引業者の売買手数料がかかります。




特定商取引法の表記  比較表で選ぶCFD取引

© 2009, トレードモンスター All Rights Reserved.